オリジナルクリアファイル・バインダー・クリアケース・紙器・ノベルティなど、自社工場にて印刷・製造・納品までお任せください!

info@kyoueishouji.co.jp24時間受付のメールお問合せはこちら
072-955-3396受付時間:9:00〜18:00(土・日祝を除く)
  • TOP
  • データ作成

データ作成について

原稿は原寸の完全データでお願い致します。完全データとは、修正や編集の必要がないものです。

対応データ形式
Adobe Illustrator CC  /  Adobe Photoshop CS6
ご入稿時に必要なもの
  • 入稿表(入稿表のダウンロードはこちら
  • 完全データ
  • デザインが確認できるPDFやJPEGなどの出力見本
  • 配置(リンク)画像がある場合はその画像データ

データ作成時の注意点

カラーモードについて
  • •  カラーモードはプロセスカラー(CMYK)またはグレースケールで作成してください。RGBで作成されたデータは弊社でCMYKに変換いたします。
  • •  RGBは基本的にモニターカラーとなり印刷用のCMYKでは表現することが出来ません。そのため、RGBをCMYKに変換すると著しく彩度が落ちるなど正しく表現出来ない場合があります。
    あらかじめCMYK設定にしてからデータを作成してください。
文字のアウトライン化
  • •  ご入稿の際、フォント類は全てアウトライン化してください。未処理の場合、フォント環境の違いによる文字化けなどで正しく処理されない恐れがあります。
  • •  ご入稿はアウトライン済みデータのみで、アウトライン前のデータはお客様の方で保管ください。
  • •  アウトラインは、テキストデータを選択し、メニューの「書式」→「アウトラインの作成」で作成します。
イメージ
配置(リンク)画像データについて
  • •  配置画像は全て原寸サイズで作成し配置してください。
  • •  解像度は300〜350dpiを推奨しております。低い解像度や、原寸よりも小さい画像を引き伸ばして配置すると、ボヤけたり粗い仕上がりになります。
    ※WEB上の画像はほとんどが72dpiです。これはモニター表示に適した解像度のため、画面上では綺麗な画像であっても印刷時には品質が悪くなります。
  • •  カラーモードはCMYKまたはグレースケールで保存してください。RGB設定の画像は印刷時に色味が著しく変化する場合があります。
トンボ(トリムマーク)/ 塗り足し
  • •  ご入稿の際は必ずトンボを作成してください。このトンボを目印に断截加工を行います。
  • •  塗り足しとは、断裁加工をする際にデザインが途切れてしまわないように予め余分にデザインを加えておくものです。 デザインが仕上がり線に沿って展開する場合は、必ず仕上がり線よりも3mmはみ出して作成してください。
  • イメージ
罫線
  • •  罫線は必ず「線」で色設定をしてください。線幅0ptで「塗り」のみの設定ですと正しく処理されない恐れがあります。
  • •  細すぎる線は印刷時に掠れたりと綺麗に出ない場合があります。
リッチブラックについて
  • •  黒は出来るだけK100%やグレースケールで作成してください。
  • •  リッチブラック等の掛け合わせ色は、版ズレ(見当ズレ)などにより輪郭がボヤけたり潰れやすくなります。
    PP(ポリプロピレン)生地は紙よりも伸びやすいため、版ズレが起こりやすくなります。
  • •  CMYK全色を100%掛け合わせしたデータは正しく処理されない原因になりますのでご遠慮ください。
    CMYKの数値は出来るだけ250%を超えないようにしてください。
QRコードについて
  • •  UVオフセットによるQRコードの印刷が可能です。
  • •  QRコードの色は黒1色(K100%)で作成してください。2色以上の掛け合わせや黒以外のカラーは、コードが正しく読み取れなくなる原因となりますのでご了承ください。

白版(白引き)について

  • •  紙などと違い、PPやPET生地は透明なので、CMYKの4色オフセット印刷のみでは白を表現できません。データ上の白いオブジェクトは実際の印刷では全て透明扱いになるため、白を表現するにはCMYKの4色インキとは別に白インキで印刷(白引き)をする必要があります。
    そのため、CMYKのカラーデータとは別に白引き用の版データ(白版)を制作する必要があります。
  • •  透明部を生かすデザインのためにわざと白引きを行わない場合もあります。その際は制作する必要はありません。
  • •  キャラクターなどの白目、雲、白フチ文字なども白引きが必要になります。
イメージイメージ
白版データの作り方
  • •  白版データはK100%かグレースケールで作成してください。
  • •  部分的にカラーデータと重なる場合、白引きはカラーデータよりも0.2mm小さく作成してください。
    ※PP生地は伸びやすく、カラー(CMYK)の後に印刷する白版はズレやすくなるため、小さく作成しないとデザインから白インキがはみ出てしまう場合があります。
  • •  0.2mm小さくすると消えてしまうものや線などの細いものなどは作成できません。
  • •  白引きデータは、カラーデータとは別にレイヤーまたはファイルで分け、「白版」など分かりやすい名前を付けて保存してください。
イメージ
  • •  Illustratorの場合、白引きしたいオブジェクトを選択→メニューの「オブジェクト」→「パス」→「パスのオフセット」でオフセットを-0.2mmに設定しK100%で塗りつぶし作成。
  • •  Photoshopの場合、画像解像度を350dpiに設定し白引きしたい箇所を選択→メニューの「選択範囲」→「選択範囲の変更」→「縮小」→縮小量を2pixelに設定しK100%で塗りつぶし作成。

TOP